木へのこだわり

木の国「木曽上松」。手作り木桶には五百年の歴史があり、江戸時代に尾張藩が、木曽五木(きそごぼく)のひとつであるサワラを組織的に出荷するようになり、全国的に広まりました。

木曽五木(きそごぼく)とは、

ヒノキ・サワラ・コウヤマキ・アスナロ(ヒバ)・ネズコのこと。三百年以上も生きてきた天然木が人の体にやさしいお湯をつくることを、職人は知っています。

ネズコ

五木のうち最も寒冷の気候に耐え、2,000m以上の所にも天然の分布が見られます。一般には湿地や陰地に好んで成育します。材質は木目が細かく通り芳香を放ち、色合いは黒褐色で渋味があり、耐湿性が強いこと、材が軽いことがサワラに似ています。木曽の特産のネズコ下駄、木目を活かした机、茶だんすなどの家具、天井板、建具材に用いられています。