木へのこだわり

木の国「木曽上松」。手作り木桶には五百年の歴史があり、江戸時代に尾張藩が、木曽五木(きそごぼく)のひとつであるサワラを組織的に出荷するようになり、全国的に広まりました。

木曽五木(きそごぼく)とは、

ヒノキ・サワラ・コウヤマキ・アスナロ(ヒバ)・ネズコのこと。三百年以上も生きてきた天然木が人の体にやさしいお湯をつくることを、職人は知っています。

コウヤマキ

ヒノキより一層乾燥している場所に成育し、峰筋の土の浅い岩石地にも多く見られます。成長が遅い上に用途が少ないので、造林はあまり多くありません。木目が通り材色は黄白色、ヒノキ以上の光沢があり永く水湿に耐えることは五木のうちで最高で、独特の長所とされています。高級な風呂桶、水桶などには欠かせない用材です。流し場、船、橋などに最適材として重宝されています。