木へのこだわり

木の国「木曽上松」。手作り木桶には五百年の歴史があり、江戸時代に尾張藩が、木曽五木(きそごぼく)のひとつであるサワラを組織的に出荷するようになり、全国的に広まりました。

木曽五木(きそごぼく)とは、

ヒノキ・サワラ・コウヤマキ・アスナロ(ヒバ)・ネズコのこと。三百年以上も生きてきた天然木が人の体にやさしいお湯をつくることを、職人は知っています。

アスナロ

あすはヒノキになろう。という話から『あすなろ』という名前がついたと言われていますが、一名はヒバとして知られています。ヒノキやサワラと比べると材価も安く、色合いや香気の点で劣りますが、狂いが少ないこと、負担力が強いこと、保存性が高いこと、材質が緻密である点など数々の特性があるため、建築材、建具材、漆器曲物の木地、彫刻用材として多く用いられています。