木へのこだわり

木の国「木曽上松」。手作り木桶には五百年の歴史があり、江戸時代に尾張藩が、木曽五木(きそごぼく)のひとつであるサワラを組織的に出荷するようになり、全国的に広まりました。

木曽五木(きそごぼく)とは、

ヒノキ・サワラ・コウヤマキ・アスナロ(ヒバ)・ネズコのこと。三百年以上も生きてきた天然木が人の体にやさしいお湯をつくることを、職人は知っています。

ヒノキ

ヒノキといえば木曽といわれるほど、五木の中で重要な樹木です。木目が通り緻密で、清楚な色合いと香気・光沢に富んで、加工後の外観も非常に美しいのが最大の特徴です。伊勢神宮をはじめ、壮大かつ高雅な高級建築用材として知られています。材質は堅牢で狂いが少なく不朽にも耐え、しかも工作がしやすいなど多くの特性を持つため木材の王と呼ばれています。