道具は職人の命です

「桶は底から」と言って、底をはめ込むまで、職人は気が抜けません。絶対に水漏れがないよう、150種類もの道具を扱います。