木曽檜とは

数百年の彼方から・・・

檜イメージ写真

細かな年輪が美しく、特殊な香気を放つ木曽檜。
辺材は淡黄色、心材は黄褐色、耐久性や保存性もたかく加工も容易でくるいも少ないなど、世界でも最もすぐれた建築素材と言われています。

杉と比べて成長が遅いため、乱伐とともに近畿地方周辺から檜の天然林は失われ遠く木曽地方などの奥地から伐採されるようになりました。

秋田スギ、青森ヒバとともに日本三大美林のひとつといわれる木曽の檜林が健在なのは、江戸時代に尾張藩によって『木一本、首一つ』と言われるほど厳しく伐採が禁じれ、明治維新後は国有林となって手厚く保護されてきたためです。

檜と似ているサワラ・ネズコ(クロベ)・アスヒ(アスナロ)・コウヤマキもあわせて禁伐とされ、「木曽五木」と呼ばれた天然の木々は、木曽深山に自然に生えた幼稚樹が厳しい自然環境の中、数百年の時を生き抜いた天然木です。

古くなるほど綺麗に・・・強く・・・

檜イメージ写真

木曽の檜は年代を経ると白木からあめ色へと風格を増してゆきます。人工的に造った素材には真似の出来ない変容は、建物を自然で暖かみのある空間へと変化させ、落ち着いた独特の雰囲気を作り上げます。

数百年~千年もかかって育った後、さらに千年以上も用材として生き続けることができる木曽檜ならではの表情です。

木曽檜は加工時には柔らかく、時が経つにつれ強度が増しながら、成分が染み出してすばらしい光沢になります。伐採後、柱など最終製品となってから、約300年は強度が向上し続け、そして約1000年経った時に伐採時と同じ強度になります。しかも年輪の幅が詰まっているため寸法の変化がないといわれ、主に土台や柱などに多く使われています。

有名な奈良・法隆寺五重塔は千三百年の風雨に耐え世界最古の木造建築物として堂々とその姿を保ち、伐採後長年にわたって強度を増す『檜』の耐久性の凄さを証明しています。

また、20年に一度の伊勢神宮の式年遷宮(社殿の建替え)には、木曽赤沢の檜が用いられています。

伊勢神宮 遷宮ニュース 平成17年6月3日の御杣始祭

素材強度比較表

樹種 比重 柾目 板目 曲げ 圧縮 せん断 曲ヤング率 耐久 耐磨耗
ヒノキ 0.41 0.12 0.23 750 400 75 90
サワラ 0.34 0.07 0.24 550 330 50 60 極小
ネズコ 0.33 0.06 0.19 500 300 55 70 極小
アスヒ 0.41 0.12 0.27 750 400 75 90
コウヤマキ 0.42 0.1 0.21 750 350 60 80
スギ 0.38 0.1 0.26 660 340 80 80

気乾 平均収縮(%) 強さkg/cm² 103kg/cm²耐久性

ページトップへ