材木の種類

木を知る

檜イメージ写真

檜イメージ写真

白太(しらた)
白太は木が成長するのに必要な栄養分・水分が多い部分で赤身にくらべると、水廻りの物に使いますと、痛み易く、丸太の外側ですので節が出づらいので、造作材(建築用の化粧)に使われます。
赤身(あかみ)
白太の内側、赤みがかった部「赤身」と言われています。
白太部分が成熟した部分、一般的に白太を使わずに赤身だけで使用することは高価だと言われています。よく目にするのは木曽檜浴槽・まな板があります。
樹芯(じゅしん)
木の芯の部分である年輪の中心です。木曽檜は実生で生長しているので、目が細かいです。
柾目(まさめ)
柾目

年輪に対して直角に切り出した目です。真っ直ぐに並ぶ縦縞模様の木目が特徴。
反りにくく、収縮に強いため、建築材、彫刻材、一般建築の化粧材(長押)、集成材(ツキ板)に使われます。

板目(いため)
板目

年輪に接する接線の方向で切り出した目です。等高線のようなたけのこのような模様が特徴。
神棚板、カウンター、檜舞台などに使われます。

ページトップへ